人気ぽっちゃり作品

2013/05/15
構想から約1年半、ようやくぽっちゃり系同人+の運営を開始することができました。その名が示す通り、ぽっちゃりした女性が登場する同人誌や画像を主に紹介していきます。○○系同人の運営開始にあたっての恒例、ぽっちゃりの定義について…は後回しで、まずはぽっちゃり系同人++(プラス)について説明します。



ブログ名の末尾に+(プラス)が付いている意味

僕はぽっちゃり好きです。厳密には自分より体の大きな女性が好きです。贅肉だけではなく、筋肉でもいい。体重だけではなく、身長でもいい。大柄な女性が好きなのです。

ぽっちゃりも、筋肉も、長身も、いずれも大柄という共通項があるし、どうせならまとめて更新しよう。しかし、いざブログ名を考えた時、ぽっちゃり系同人以上に語呂が良い名前がどうしても思いつかない。大柄系同人だといまいちピンと来ない。

最近の流行りに乗っかって進撃の同人、○○系同人なら進撃系同人でどうだろうか、と真剣に検討しました。が、元ネタの進撃の巨人を知らない人には大きい女性を扱っている事が全く通じないし、ふたなり系同人・触手系同人・人外系同人に続くサイト名にしては明らかに浮いているので辞めました。(進撃の同人は誰かが運営しそうな気がします)

結局、最初に考えたぽっちゃり系同人に、筋肉・長身女性(巨女)をプラスするという意味を込めて、ぽっちゃり系同人+に決めました。もちろんメインはぽっちゃりです。

次の項目以降、当ブログにおけるぽっちゃり、筋肉、巨女に関する定義をまとめていますが、ものすごく長文です。また、皆様に最低限伝えたい事は上で書き終えています。
※ここから超・長文が始まります。全部読むのが面倒な方は、一番下の最後にのところまで飛ばしてください。



ぽっちゃりの定義

さて、お待ちかねの定義について。まずはぽっちゃりの定義から。

現実におけるぽっちゃりの定義は、そもそも定まっていません。人によって違います。そのうち、もっとも広い定義は、痩せている女性と痩せていない女性に二分して、痩せていない女性は全てぽっちゃりであるとする…でしょうか。

一方で、おそらくもっとも一般的な、共感を得られる定義は、痩せている女性、やや痩せている女性、普通、やや太っている女性、太っている女性に五分して、やや太っている女性がぽっちゃりであるとする…だと思います。

しかしながら、このブログは大柄な女性LOVEを理念とする僕が管理しています。太りすぎているからNGなんて事はありません。やや太っている女性に加え、太っている女性もぽっちゃりであるとするのが自然です。問題は、普通体型をぽっちゃりとして捉えてよいか、です。

二次元では痩せている女性がデフォルトというのはよく耳にします。正確には身長や体重の割にウエストが細い女性がデフォルトです。二次元の女性はウエスト60cm未満設定がザラですが、現実で60cm未満はかなり痩せている女性だけです。バストやヒップが豊満で身長もあるグラビアアイドルのウエスト50cm代なんてほとんどサバ読みです。

ちなみに日本人女性のウエスト平均は65cm前後と言われています。アメリカ人女性の場合、ウエストのデータがありませんが、平均体重が日本人女性より20kgも重い(日本:50~55kg、アメリカ:70~75kg)事を踏まえれば、ウエスト平均は75cmを超えていると考えて間違いないと思われます。二次元でウエスト75cmのキャラなんて一握りです。、

…太っている女性が多く平均値を引き上げているアメリカ人の平均ウエストは全く参考にならないうえ、話が関係ない方向に脱線しているので元に戻します。

ウエスト65cmの普通体型の女性は、二次元に限れば相対的に太っています。とはいえ、それだけで普通体型をぽっちゃり認定するのは少し無理があります。なので、『腰回りの肉をつまむ』などの余計な贅肉を表現する描写が存在する場合に限り、普通体型の女性もぽっちゃりに含むとします。

話をまとめると、痩せている女性、やや痩せている女性、普通、やや太っている女性、太っている女性に五分して、やや太っている女性と太っている女性がぽっちゃりであり、普通体型の女性も贅肉を強調する描写が含まれる場合はぽっちゃりである、です。

ちなみに、ここまでぽっちゃりの幅を広げても、該当する同人誌は、ふたなり同人誌よりもかなり少ないです。



筋肉の定義

筋肉の定義、なんて書くと、まるで学術的な何かを論じようとしているようにも見えますが、ここで述べるのは人体解剖学やスポーツ医学のレポートではなく、エロサイトであるぽっちゃり系同人+で扱う筋肉が逞しい女性についてです。

もちろん筋骨隆々、全身がガッチリとした筋肉に包まれている女性は間違いなく定義を満たすので、それはいいとして、問題は、全身が筋骨隆々とまではいかないが、ある程度の筋肉描写がある女性をどこまで含むのか、という事です。

とはいえ、要はシンプルです。腹筋が割れており、腕や脚に筋肉の存在を示す描写があれば、定義を満たすと考えます。そもそも腹筋すら割れていない女性を筋肉カテゴリに分類する事はできません。もちろん、妊娠中であるとか、浣腸をされたなどの特殊な事情で、一時的に腹筋が割れていない場合は別ですが。



巨女(長身女性)の定義

とても長身な女性の事を、巨女と呼ぶそうです。「きょじょ」なのか「きょおんな」なのかは不明です。自由に読んでください。「きょじょ」だと音でわかりづらいので、僕は「きょおんな」と読んでます。

巨女という言葉はぽっちゃりほど普及しておらず、ぽっちゃりよりも蔑称の度合いが強い気がしますが、もしかしたら、巨女という言葉を使い続ければ、ぽっちゃり同様、ある程度の市民権を得ることができるかも、という淡い期待を込めて、あえて巨女と呼びます。

巨女の定義は、ぽっちゃり同様、あるいはそれ以上に定まっていません。身長の高い女性、というのは確実ですが、ジャンプ作品でいえば『ワンピース』のしらほし姫のように人間離れした大きさが必要なのか、『スケットダンス』のコマちゃんのように同世代の登場人物の中で背が高いぐらいでもいいのか。(コマちゃんの場合は背が高いだけでなく怪力など『巨人』を彷彿とさせる要素も)。

世間における巨女の定義はともかく、当ブログにおける定義としては、平均身長を一回り以上上回る女性が巨女である、とします。

平均身長を一回り以上上回る、というのは、例えば『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の黒猫は、一見小柄なように見えて、身長が160cmと意外と高く設定されています(アニメ版は155cm)。とはいえ、それを巨女と呼ぶべきではありません。なぜなら、黒猫の身長160cmは、女性の平均身長をほんの少し(約4cm)上回る程度だからです。

『WORKING!!』のなずなは、小学六年生の時点で170cmほどの設定で、小学六年生女子の平均身長である150cmを頭ひとつぶん上回っています。彼女は巨女の定義を満たします。

身長が設定されている版権キャラであれば、平均身長より一回り以上大きいか否かの判断は比較的容易です。しかし、創作の場合はそうはいきません。

最初の方に書いたとおり、僕は自分より体の大きな女性が好きです。世間一般の巨女とは判断基準が異なるかもしれませんが、自分(=作中内の男性)よりも一回り背が高い女性とHする作品が僕の好みであり、好みの同人誌を掲載したい(※)ので、平均身長を一回り以上上回る女性、もしくはある程度上回った上で作品内で登場する男性よりも一回り以上背が高い女性が巨女である、と考えます。

※この考え方は、ふたなり系同人・触手系同人・人外系同人も共通です。

※裏を返せば、上で述べた定義から若干外れていても、自分の好みであれば、ぽっちゃり/筋肉/巨女として掲載する事があります。



属性の優先順位について・1

「筋肉質の巨女が登場する」とか「ぽっちゃり女性と巨女が登場する」といった複数の属性を含む作品をどう分類するかについて、結論から述べると優先順位は

ぽっちゃり>筋肉>巨女

です。ぽっちゃり最優先。次に筋肉。最後に巨女。しかし、例外もあります。『スケットダンス』のコマちゃんは原作で巨女認定されています。しかし、かなりムチムチした体格(※)でもあり、同人誌の描写次第では、当ブログのぽっちゃり定義を満たします。

※コマちゃんの怪力を考えると、あの脂肪の下に相当の筋肉が秘められていると思われますが、脂肪に覆われて筋肉の描写が見えない限りは筋肉の定義を満たしません。

しかし、ぽっちゃり定義と巨女定義を満たしたとしても、ぽっちゃり優先だからという理由だけでコマちゃんの同人誌をぽっちゃりに分類するのはやはり違います。ぽっちゃりと巨女の表現・描写を比較したとき、明らかに巨女属性の方が強ければ、優先順位は低くとも巨女に分類するべきです。

逆に、巨女属性よりぽっちゃり属性が強く強調されている同人誌であれば、例えコマちゃんでもぽっちゃりに分類します。上の優先順位は、それぞれの属性の強弱が同程度の場合にのみ適用します。

とはいえ、ぽっちゃりだろうが筋肉だろうが巨女だろうが、ぽっちゃり系同人+に掲載する事は変わらないので↑はスルーしてくださって結構です。なら何故書いた



属性の優先順位について・2

これらに、ふたなり、触手、人外の属性が複合した場合、少しややこしくなります。これまでは、

ふたなり>触手>人外

であり、ふたなり描写があればふたなり系同人、ふたなり描写が無く触手描写があれば触手系同人、ふたなりも触手もなく人外娘が登場すれば人外系同人に掲載していました。

ぽっちゃり、筋肉、巨女の3属性を合わせてぽっちゃり+と呼ぶとして、

ふたなり>触手>ぽっちゃり+≧人外

とします。ぽっちゃり+とふたなり=ふたなり系同人、ぽっちゃり+と触手=触手系同人、ぽっちゃり+と人外=ぽっちゃり系同人+。人外系同人は、ふたなり/触手/ぽっちゃり+を含まない場合のみ、です。

ただし、ぽっちゃり+描写と人外描写を比較して、人外描写が濃い同人誌については、人外系同人に掲載します。例えば、ぽっちゃりしたモンスター娘の同人誌は人外系同人に。ぽっちゃりした猫耳娘の同人誌はぽっちゃり系同人+に。

判断がつかないのは、巨女の定義で触れた、『ワンピース』のしらほし姫の同人誌。巨女であり、人魚(人外)です。これをぽっちゃり系同人+に掲載するか、人外系同人に掲載するのか。この場合、同人誌の内容を吟味してどちらに掲載するかを決めます。ぜひ他の○○系同人も合わせてチェックしてください。(宣伝)

ぽっちゃりと人外両方の属性を含む同人誌ならぽっちゃり系同人+と人外系同人の両方に掲載すればよいのでは、という意見もあるかと思います。しかし、同じ人が運営する複数の異なるブログに同じ物を掲載するというのは、コンテンツを水増ししている感じがして、かなり嫌です。一般のユーザーからすると、妙なこだわりなのかもしれませんけど…。



最後に

特に実の無い長文を読ませてしまって申し訳ありません。定義や優先順位について長々と書き連ねましたが、文中にもあるとおり、自分の好みであれば、定義から多少外れてもぽっちゃり/筋肉/巨女として掲載する事があるし、あらかじめ決めた優先順位より同人誌の内容による分類の方が重いです。

ぽっちゃり、筋肉、巨女、いずれも万人受けする属性ではありません。また、多くの女性にとってはコンプレックスの対象ですらあります。もっと痩せたい、もっと女性らしい体になりたい。脂肪や筋肉についてはなんとかなる余地がありますが、体質や環境によっては困難で、いずれにせよ多大で継続した努力が要求されます。身長に至っては骨を削る以外に背を縮める方法は無いはずで、現実的ではありません。

ぽっちゃり系同人+を通じて、ぽっちゃりなどの属性を好きな方に満足して頂くのはもちろん、そうではない方もこれらの属性を好きになってくれたら嬉しいです。現実において、コンプレックス自体を取り除く事ができなくとも、それを認めてあげられる相手がいればいいんです。背の高さで悩んでいる女性がいます。しかし背が高い女性を好きな男と出会ったなら、それはWin-Winでしょう。もちろん、いくら好きだからといって、相手のコンプレックスを自分の方から直接指摘するのは厳禁です。
更新確認!
ふたなり系同人・新着記事
触手系同人・新着記事
人外系同人・新着記事
同人365・新着記事